京都大学 大学院 理学研究科 物理学第二教室 素粒子論研究室 | Theoretical Particle Physics Group Department of Physics, Kyoto University

Seminars

2024-2025 Seminar Schedule (Apr. 2024 - Mar. 2025)


セミナー等は通常理学研究科5号館 501号室にて行なわれます。
Seminars are held at Room 501 in Faculty of Science Bldg. No.5, usually in Japanese.

セミナー係 : 福間 伊東 竹田 渡辺 世田 吉岡
Coming Seminars

Jun. 12(Wed.) 15:30-

"行列模型におけるゲージ場の記述とその応用"

菅野 聡 氏 (筑波大学)

行列正則化は弦理論やM理論の定式化において重要な役割を果たす。例えば弦理論やM理論の行列模型を用いた定式化では、行列正則化を通して膜やD-braneなどの幾何学が行列の配位により表される。しかし、従来の行列正則化はスカラー場のみに対して定義されたものであり、例えばゲージ場などの情報をどのように行列で表せばよいのかについては知られていなかった。我々はSeiberg-Witten mapを用いたゲージ場の行列正則化の新たな手法を提案し、行列模型におけるゲージ場の記述をおこなった。さらにこの手法を応用し、ゲージ理論の行列正則化を実行し、finite N 補正を含めて計算できることを示す。この研究は足立宏幸氏(筑波大)、伊敷吾郎氏(筑波大)との共同研究であり、2311.14984v2[hep-th]、2210.01397[hep-th]に基づく。
Past Seminars

Jun. 5(Wed.) 15:30-

"ガウス波束基底によるハイゼンベルクの不確定性関係" PDF

小川直哉 氏 (名古屋大学卒)

近年、李・筒井の定式化という量子力学の不確定性関係が李・筒井により提案されている。この定式化には李・筒井の不等式と李の不等式という2種類の不等式が存在する。抽象的な定式化であるので、具体的な適用例を与えることが課題と言える。他方でガウス波束基底と呼ばれる基底を用いた量子力学の定式化がある。ガウス波束基底は位置と運動量の同時測定の土台となり、ガウス波束基底による測定は POVM 測定を与える。李・筒井の定式化をガウス波束基底に適用する。それにより、李・筒井の不等式は自明な結果しか与えないが、李の不等式は通常の不確定性関係の下限を与え、また等号を常に達成することが示される。本講演は主に尾田欣也氏との共同研究 [arxiv:2403.19440] に基づく。

May. 29 (Wed.) 15:30-

"Center Symmetry in Deconfinement Phase of Finite-Tempereature SU(N) Gauge Theory" PDF

中島悠翔 氏 (基礎物理学研究所)

Quarks are confined, but they are liberated at high temperatures. Generally, the confinement-deconfinement phase transition is one of the interesting phenomena in finite-temperature SU(N) gauge theories. The Polyakov loop serves as the order parameter for this transition; the way its center symmetry is broken characterizes confinement. Studying how the Polyakov loop behaves at various temperatures is essential for understanding confinement. First, the theoretical treatment of this phase transition in gauge theories is briefly reviewed based on lattice methods. Second, recent results on the relationship between the color number N and the global structure called center domains, as presented at the LATTICE 2023 conference, are introduced.

May. 22 (Wed.) 15:30-

"スカラー場理論における繰り込み群による量子誤り訂正の構成" PDF

桑原孝明 氏 (京都大学)

AdS/CFT対応は量子誤り訂正と関係付くことが知られている。一方で、バルクの方向は繰り込み群のスケールと対応する。そのため繰り込み群と量子誤り訂正の間には一般的な関係があると予想される。本講演では$\phi^4$理論において、基底状態の繰り込み群のフローを与えるユニタリー演算子の逆を用いることで符号化し、量子誤り訂正を構築する例を紹介する。

May. 8 (Wed.) 15:30-

"非等角運動量Myers-Perryブラックホールの変数分離法に基づく安定性解析"

棚橋典大 氏 (京都大学)

高次元時空中で回転するブラックホールを表すMyers-Perry解について、複数種類ある角運動量の全てを等しくそろえると、時空の対称性が高くなり、そのために重力摂動の方程式が変数分離法で解けるようになることが知られていた。この手法に関して、角運動量の一部しかそろっていない場合についても変数分離法によって重力摂動を解くことを可能とする新たな手法を構築した。本発表では、この手法の詳細とその応用例であるブラックホールの安定性解析の結果について紹介する。

May. 1 (Wed.) 15:30-

"Entanglement Entropy Via Double Cone"

川本大志 氏 (基礎物理学研究所)

Entanglement, a fundamental concept in quantum systems, is quantified through measures such as Renyi entropies, offering insights into the intricacies of quantum correlations. While computing these entropies in qubit systems or spin chains relies on well-defined reduced density matrices within their respective Hilbert spaces, continuum quantum field theories (QFTs) present unique challenges due to issues like UV divergence and gauge symmetry constraints on quantum states. In this study, we propose a novel approach to UV regularization by introducing a deformation of spacetime metrics in a complex plane, enabling the definition of density matrices for entanglement entropies. This regularization, grounded in background geometry, proves applicable across various QFTs. Moreover, it provides a practical means to compute entanglement entropies. Illustratively, we apply this regularization technique to compute the Renyi entanglement of a free scalar field on Minkowski space. Our findings reveal complex entropies, yet we demonstrate this regularization succeeds to compute the UV independent terms in the cut off expansions.

Loading Back Numbers